DIY初心者でも簡単だった100均の白いペンキ塗料で塗装リメイク・調味料棚 | 札幌発☆山ガールの登山と神社とグルメの日記

DIY初心者でも簡単だった100均の白いペンキ塗料で塗装リメイク・調味料棚

DIY初心者が100均の白いペンキ塗料で木の雑貨をリメイク!

物づくり好きなDIY初心者が、木の雑貨を白くしたくて、初めて白いペンキ塗料を買ってみました!すべて100均で材料を揃えてみました。

初めて木の板を塗ったところから、飾り棚を塗ってみたり、それを見ていた中学生の娘も棚を塗ってみたり。毎回、前回の反省点をふまえつつ試行錯誤しながら塗っています。

今回はペンキがまだあまっていたので、捨てるに捨てられずに使っている・・・父が作ってくれた調味料棚^^;

↓これを白くしてみました。少しは可愛くなるかな・・・のBefore写真と

こうなりました!蘇りました~☆やった~♪

↓第1弾のペンキデビューの記録☆まずは一枚の木の板をペンキで塗り塗りしたところ。

DIY初心者でも簡単だった100均の白いペンキ塗料で塗装リメイク・1

↓前回、棚を塗ったところ、だいぶ上手になってきました。

自由研究にも簡単なDIY、白いペンキ塗料で木の棚を塗装リメイク

スポンサーリンク

DIY初心者が買った100均の道具

白く塗装するためにセリアで買った道具はこちら。

白いペンキ塗料は『水性塗料』、色は『アースホワイト』

刷毛は『水性油性兼用の50mmサイズ』

マスキングテープは白と黄色があったけど、目立ちそうな黄色にしてみた。

スポンサーリンク

DIY初心者の白いペンキ塗り、いよいよ塗装開始☆

①ペンキの臭いがこもらないよう外で塗ります。

風をよけられるよう風除室(玄関ポーチの風除け)の中で塗りました。車庫でもいいと思います。外で塗る場合は風の無い日に。

②下準備

ペンキを塗り始めると手が汚れるので、すべて前もって用意しておくことが大切です!

用意したもの

下に敷くシートなど(厚手の紙袋を再利用)
ペンキを入れる容器(食品トレーを再利用)
・ペンキの濃度を調整するための(ペットボトルが扱いやすい)
乾かすところ(大きめの紙袋を切って開いたもの)

ペンキを塗る雑貨は、拭いて汚れを取っておきます。

今回は、背面の裏側と、底の裏側は塗らない予定。白い化粧板?ツルツルした板がついてるけど、一緒に塗ってしまおうかと思っています。塗らない場合はマスキングテープなどで養生しておけば、刷毛が当たらずにすむと思います。

③ペンキで塗る

ペンキをよく振ってから、トレーに出します。

試し塗りをします。水でペンキの濃度を調整します。

濃すぎずゆるすぎず。水が多いと垂れてきてしまうのでペンキを足したり。微調整。

まず小口(板の断面)から塗りました。その後に広い面を塗った方が、刷毛がはみ出しても綺麗に塗れる気がします。

箱になっていると内側の隅っこを塗るのが結構むずかしい汗
もっと細い刷毛を使ったらいいのかな。

内側を塗っていると、側面に刷毛や手がぶつかったりして、何度か重ね塗りをしました・・・箱の中ってむずかしいね。

内側も小口も塗り終わったら、外側を塗って、ひとまず完成♪

④乾かす

そのまま外で乾かします。

重ね塗りをする場合は2時間以上(冬は6時間以上)おいてからと、ペンキの容器に記載がありました。

乾いてくると、塗りムラがあったり、もうちょっと濃くしたいな~と思うところがあったので、もう一度塗ってまた乾かしました。

完成しました~♪いかがでしょうか??
少しは可愛くなったかな?^^;

素人でも簡単に塗れました。水性塗料なので、手についても水で洗えば落ちるし扱いやすいです。100均で揃うのもお試ししやすくていいですよね^^

ん?調味料棚はキッチンで使うので、水拭きするなら何か保護するもの塗った方がいいのかな・・・?調べて追記します^^;

ちなみに、砂糖や塩入れに重宝しているこちらの容器は、フランスARC社のジャム瓶♪密閉できるのでいろんな調味料をいれたり、ジャムやお茶・コーヒー豆を入れたりと、いくつあっても使いやすいです^^

今回フタを新調しました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!