大雪山の旭岳登山で御鉢平周遊コースを初心者山ガールが登山! | 札幌発☆山ガールの登山と神社とグルメの日記

大雪山の旭岳登山で御鉢平周遊コースを初心者山ガールが登山!

初心者山ガールの旭岳登山の記録!

旭岳登山は御鉢平周遊コースもおすすめ!

こちらのブログは札幌在住の初心者山ガールの登山記録です^^

今回は2度目の旭岳登山したときの記録です。少しでも参考になれば嬉しいです^^

旭岳の御鉢平周遊コースを初心者山ガールが登山!

登った時期は2018年9月中旬の土曜日。

2年前は9月末に旭岳に登りましたが、紅葉は見事でしたが数日後には雪が降りました。
今回は8月のお盆に例年よりかなり早い初雪を観測したこともあり、1週早めて登山しました。(今年は5日後の9月21日に初冠雪しました)

さて☆北海道の最高峰というわれる旭岳ですが、標高2000m級の山々が連なる大雪山の一つで標高は2291m。旭岳は神々の遊ぶ場所と呼ばれ山麓からすでにパワーがすごいとか^ ^

前回は登山口からロープーウェイを使わずに山頂を目指しましたが、今回はロープーウェイを使って山頂を目指し、さらに奥へと進み御鉢平を周遊してくるコースです^^

旭岳登山コース御鉢平周遊コースの地図

★前回の旭岳登山したときの記録はこちら
北海道最高峰の旭岳登山は初心者山ガールや子ども登山にも!登山の記録

スポンサーリンク

旭岳登山の駐車場について

まずは登山口の駐車場について。

車を利用する場合は旭岳ビジターセンター前の公共駐車場ほか3か所の駐車場が利用できます。駐車料金500円。(冬場11月から5月までは旭岳ロープウエイの駐車場が無料で利用できるそうです。)

シーズン中は結構混むようなので、早めの時間がおすすめ。

旭岳登山口の駐車場の様子

道なりに進んでいくと、突き当たりにロープーウェイ前の駐車場があります。
係りの方が誘導してくれます。

旭岳登山口の駐車場の様子

2018年9月中旬の土曜日、AM6時に駐車場到着。
まだ後ろの列がたくさん空いているもののどんどん車が来ます。
(この時は震災後のため観光客が減っている状態だと思われます。)

旭岳登山口の駐車場の様子

下山後の13時頃の様子。満車で待ちが発生していました。

スポンサーリンク

旭岳ロープーウェイで姿見駅を目指す

車をとめたらロープーウェイ乗り場へ!

旭岳ロープーウェイはトイレやお土産屋さんがあります

こちら旭岳の登山口はすでに標高1100m。そこからロープーウェイで中腹の旭平(姿見駅)まで行くと標高は1610m。ロープーウェイ10分の乗車で500m上昇しますので、気温や天候など変わってきます。

旭岳ロープーウェイは10分で姿見駅へつきます

1階にトイレやお土産屋さん、2階がロープーウェイ乗り場。

乗車10分で姿見駅につきます。景色もきれい!

詳しくはこちらでご確認ください→旭岳ロープーウェイ公式ページ

旭岳ロープーウェイ姿見駅から姿見の池を目指す!

旭岳のロープーウェイ姿見駅から登山スタート!

6:30のロープーウェイに乗り、6:40姿見駅に到着、登山スタート!!^^

旭岳登山の天候や状況などを案内してくれていました

ロープーウェイを降りたら案内の人が立っていて親切に声をかけてくれていました~!

旭岳登山は姿見の池もみどころ

まずは姿見の池を目指します。駅を出たら案内板があるので右に進みます。

旭岳の御鉢平周遊コースを初心者山ガールが登山!

途中に旭岳の撮影ポイントがありました^^

旭岳登山は姿見の池もみどころ!

6:55 姿見の池に到着!

旭岳登山は姿見の池が休憩ポイントにも

木のベンチやテーブルがあり休憩スペースになっています。
写真撮影したり軽く食事をしました。

左奥に石室が見えます。普段は使用できず緊急時に使えるようです~

旭岳山頂へ向けて登山スタート!

7:10 旭岳山頂へ向けていよいよ出発です!

旭岳登山は姿見の池から急な登りに!

姿見の池に向かって左に進むと噴火口が見えます。山頂へは右に進みます。

旭岳登山の様子

石がごろごろ。

前回は呼吸困難になりかけた道・・・ずっと急な上り坂です。
自分のペースを心掛けて無理せず登ります。

旭岳登山6合目の様子

ここは旭岳6合目1825m。この先もこんな風に合目ごとに看板が立っています。

旭岳登山6合目からの景色

6合目から下を振り返ったところ。姿見の池がだいぶ下のほうに見えます。

旭岳登山9合目の景色

8合目をすぎたあたり。結構バテています^^;

旭岳登山9合目

旭岳9合目2196m。ここからは道の雰囲気が変わります。

旭岳登山山頂付近の様子

まずは急斜面に大きな岩がごろごろ。

旭岳登山山頂付近の様子

その後なだらかな道になったら山頂までもう一息!!

山頂を目指すときに確認しておきたいのが金庫岩ニセ金庫岩

下山時に万が一ガスで真っ白になったとき、金庫岩の方に下山します。
ニセ金庫岩の方に下山すると大雪山の奥に入っていってしまい遭難してしまうようです汗

山頂を目指して右側に見えてくるのがニセ金庫岩、
左(地獄谷)側に見えてくるのが金庫岩だそうです。

旭岳登山で気をつけたいニセ金庫岩

右側にあった大きな岩たち、これがニセ金庫岩なのかな??

旭岳登山で気をつけたい金庫岩

左側に見えてきたこの四角い大きな岩が金庫岩かな?
この岩を下にくだると姿見の池がある地獄谷方面。

天候が変わりやすい旭岳、登るときにチェックしてみてくださいね!

旭岳登山山頂に到着です!!

8:25 旭岳山頂に到着です!!!ヽ(o’∀`o)ノ

姿見の池から1時間15分かかりました。
途中に合目ごとに少し座って給水タイムをとっています。

旭岳登山の山頂からの景色

この日はずっと天気も良く、遠くまで景色を一望できましたー!

青いのが姿見の池や夫婦池、奥のほうに忠別湖もみえます。

360度の大パノラマ!

地球を感じながら、しばし食事タイムです。

旭岳山頂から間宮岳と御鉢平を目指す!

8:50 旭岳山頂から大雪山の奥の方にある間宮岳を目指します。

まずは登ってきた旭岳を下りますが、登ってきた方ではなく大雪山の奥の方に下っていきます。

旭岳山頂周遊コースの登山道

結構な急斜面、石ころの上を駆け下りる感じになるので気をつけたいポイントです汗

旭岳登山の御鉢平周遊コース

人が歩いているのが見えますか??こんな斜面をくだります^^;

旭岳登山の御鉢平コース

くだってしまえばこんな素敵な景色。

しかしまた間宮岳への登りがはじまり、登りきったところで

旭岳登山から間宮岳へ周遊コース

9:35 分岐での休憩ポイント。
木のベンチがあります。ここで水分補給し少し休憩。

旭岳登山から間宮岳山頂へ

9:50 分岐から左に少し進むと間宮岳の山頂があります。
旭岳山頂から約1時間、間宮岳山頂に到着です!

旭岳登山から御鉢平への周遊コース

右側には御鉢平が広がっています~!!
この景色を眺めながら休憩でもよかったかも^^

間宮岳山頂からみた旭岳山頂の景色

間宮岳山頂からみた旭岳山頂はこんな感じ。

間宮岳から中岳温泉を目指す!

9:55 中岳温泉を目指して出発します。

旭岳登山の御鉢平周遊コース間宮岳を振り返ったところ~

間宮岳からはなだらかな下り、石の道が続きます。
途中の石の階段、整備の途中って感じでした。

旭岳登山御鉢平周遊コース

20分ほど進むと分岐があります。
ここで大きく左折して裾合平に進みます。

ここを直進すると黒岳方面へ。お気をつけください汗

旭岳から黒岳への分岐直進したらこの先に黒岳が。今回はここを左折します。

旭岳登山御鉢平周遊コース

左折すると壮大な山々に囲まれた、先ほどとはまた違った景色が広がります!

旭岳登山の御鉢平周遊コース、次は中岳温泉

ここからは緩やかな下り坂が続きます。

旭岳登山で立ち寄りたい中岳温泉

左側が谷になっていて川が流れています。
その先が中岳温泉のようです!
この急斜面を下れるようになっていて、一気にくだると・・・

旭岳登山で立ち寄りたい中岳温泉の足湯

10:35 中岳温泉に到着!!

みなさんのんびりと足湯^^

温泉が湧き出している左側が高温、右側はぬるい感じでした。
周りの川は冷たいです。

旭岳登山で立ち寄りたい中岳温泉の足湯

足湯で疲れを癒したり、食事をとったりしてしばし休憩です。

中岳温泉から裾合平を目指す!

11:00 ここからは裾合平を目指します。

裾合平は、7月中旬~下旬に見られる白鳥の雪渓とチングルマの花畑が有名だそうです。
今回は紅葉時期の登山ですが、雪解け時期の登山も楽しそうです^^

旭岳登山の中岳温泉への登山道

まずは川辺を下っていくので、足元の水に気をつけたいところ。

旭岳登山、裾合平の景色

しばらく進むと景色がひらけ道も整備されています。
途中朽ちているところもあり張り紙がしてあるので注意。

裾合平からみえる旭岳

11:25 裾合平に到着です!!
みなさんここから見える旭岳を本格的なカメラで撮影していました^^

裾合平から見える旭岳

左を向くと旭岳、右を向くと当麻岳かな?なんて綺麗な景色・・・

裾合平から姿見駅を目指す!

11:30 ここからはロープーウェイ姿見駅を目指して歩きます。

旭岳登山周遊コースの景色

木の板で整備された道を進みます。

旭岳登山、裾合平の分岐

10分ほど歩くと分岐があります。
左折してすがたみ駅方面へと進みます。

旭岳周遊コース

木のベンチがあり休憩ポイントになっていました。

旭岳登山池周遊コース

ここからも緩やかな下りが続くのかと思いきや、
いくつもの谷を越えていくので少しアップダウンがありました。

旭岳登山の池周遊コースはアップダウンあり

結構歩きましたが、まだ姿見駅が見えてきません。

旭岳周遊コースの休憩ポイント

12:15 休憩ポイントに到着。ここで半分でした汗

さらに歩くこと15分、

旭岳登山の周遊コースからみたロープーウェイ姿見駅

やっと・・・やっと見えました!ロープーウェイ姿見駅!!

結構長かったです~!!

旭岳の池周遊コースからみた旭岳山頂

旭岳も噴煙側が綺麗に見えてきました。

旭岳登山は池の景色も絶景

しばらく進むと池が現れます。まずはすり鉢池。

他にも満月池や夫婦池などがあります。

そしてついに!

旭岳登山にロープーウェイ姿見駅

12:55 旭岳ロープーウェイ姿見駅に到着です!!

13:00のロープーウェイにのり、無事下山できました~(*’3`b)

6:30のロープーウェイに乗り、13:00のロープーウェイで下山。
合計約6時間半の登山になりました!

今回は結構バテてしまい、二日間足の筋肉痛もありました。
でも大雪山の奥の景色は登ってこそ見られる景色!
北海道の雄大さを感じることができました。
活火山パワーでしっかりチャージ☆
また来年も登りたい山です^^

★前回の旭岳登山したときの記録はこちら
北海道最高峰の旭岳登山は初心者山ガールや子ども登山にも!登山の記録

旭岳登山のあとは旭岳温泉の日帰り温泉へ!

旭岳登山のあとは、車で少し下ったところにある、旭岳温泉の日帰り温泉に立ち寄ります。

旭岳登山のあとは旭岳温泉湧駒荘の神々の湯

湧駒荘の’神々の湯’がお気に入り。日帰り温泉800円。登山後の筋肉痛にそなえ、本来は水シャワーでアイシング(足を冷やす)をしたいところですが、せっかくの温泉なのでいつも湯船に浸かってしまいます^^;けどこの湧駒荘の温泉はぬるめのお湯になっているのでとっても助かります!このあたりは他にも温泉があり日帰り温泉もあるので、ぜひ温泉に浸かって登山で疲れた体を癒してくださいね♪

日帰り温泉800円。シャンプー、リンス、ボディーソープ、ドライヤーあり。
詳しくはこちらでご確認ください→湧駒荘温泉公式ページ

山ガールのトイレ事情、旭岳登山編

トイレはロープーウェイ登山口と、中腹のロープーウェイ姿見駅にあります。

私はいつも携帯用トイレを持参しています。モンベルのものを利用していますが、使い方も簡単でとてもコンパクトになります。登山以外に災害時にも使えるので常備しています。

山ガールの服装、旭岳登山編

服装はいつも登山用のもの。汗吸う半袖インナーに、長袖シャツ、キュロット、スパッツ、厚手の靴下、トレッキングシューズ。それに帽子、ザック、首にはタオルを巻き、手袋、ポール。

旭岳は北海道で一番標高の高い山。天気が良くても山頂は風が強く、汗が冷えて寒くなりやすいので、ウインドブレーカーなどの防寒着を必ず持参しています。突然の雨にも対応できます。

今回は旭岳山頂と間宮岳山頂が風があり寒くてウインドブレーカーの上を着ました。他は歩いていると暑くなり、脱ぎ着が楽なものがおすすめです。

私はモンベルで購入した上下をいつもザックに持参。小さくたためるので助かります。

旭岳山頂へは小石だらけの道が続くので下りはトレッキングシューズでも滑ります。スニーカーだとより滑るのでトレッキングシューズ必須!

登りも下りもポールがあると安心!私はモンベルのアルミ製で軽いもの、そしてにぎるところも女性用に小さいサイズを購入。

こちら↓は評判のよかったポールでお手頃価格を発見!

休憩にサッと取り出してサッとしまえる一人用のトレッキングシートが便利♪ 

植物由来の成分のみで出来たスプレー。登山の必須アイテム。

◆山ガール登山服や登山持ち物についてはこちらでもご紹介しています^^

初心者山ガールの登山グッズ編~山ガール登山服など使ってみて良かった物をご紹介!

登山での山頂コーヒーにおすすめオールインワンの手動ミルで珈琲を楽しもう♪

◆他の山についても登山記録書いています、参考になると嬉しいです^^

北海道羊蹄山・真狩コースを初心者山ガールが登山、ガチ登山の記録・体験談

北海道の支笏湖イチャンコッペ登山へ初心者山ガールの登山記録!隠れた支笏湖絶景ポイント

北海道の塩谷丸山は登山初心者や子ども連れにもおすすめ、山ガールの登山記録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!