札幌藻岩山を親子登山するなら慈啓会病院前コースがおすすめ! | 札幌発☆山ガールの登山と神社とグルメの日記

札幌藻岩山を親子登山するなら慈啓会病院前コースがおすすめ!

こちらのブログは札幌在住の初心者山ガールの登山記録です^^今回は初心者登山にもおすすめの藻岩山登山!小学生の子どもと二人で慈恵会病院コースを登りました。親子登山にもおすすめです!

登ったのは2016年8月11日、すっかり山の日だということを忘れていました・・・登山者の多さにびっくり!

それでは藻岩山の慈恵会病院コース登山の記録です^^少しでも参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク

  札幌の藻岩山ってどんな山?

藻岩山は札幌にある標高531mの山です。登山コースは5コースあります。子どもや初心者におすすめの順番としては、

・慈啓会病院前コース←今回は小6娘と二人で登った慈啓会病院前コースについて書いています♪
・旭山記念公園コース←こちらについても別記事でご紹介しています♪
札幌藻岩山の朝日山記念公園コースを初心者山ガールが登山、子ども連れでも登れる山
・もいわ山スキー場コース
・小林峠コース
・北の沢コース

スポンサーリンク

藻岩山の慈啓会病院前コースは1時間ちょっとで登れるコースです。気軽に登れるため、一人で登っている方から、小さなお子様連れのファミリー、トレイルランニングをされている方など多くの方が登山を楽しんでいます。またロープーウェイもあるので下山はロープーウェイでということもできるので挑戦しやすい山でもあります。

山頂には展望台があり、綺麗なトイレや着替えスペース、レストラン、自動販売機などもあります。外もきれいに整備されているので、お弁当なども広げやすく、安心して子連れ登山を楽しめます。

ちなみに☆藻岩山の山開きは、標高531mにちなんで5月31日♪

藻岩山の慈啓会病院前コースは子どもにも登りやすいコース

藻岩山 慈恵会病院

今夏は5コースある中で一番初心者向けとされている慈啓会病院前コースです。お子様連れの場合こちらがおすすめ。小さな子どもを背負って登っていたり、小学校低学年くらいだとゆっくり登れば自分で登れると思います。小6の娘はヒョイヒョイあっという間に登っていました。

登山口は、藻岩山麓通りの「旭ヶ丘5」を山のほうへ曲がるとすぐに駐車場と登山口があります。

登山道入り口には案内図やトイレ、水道があります。この交差点にセイコーマートもあるので、入山前にそこで軽食や飲み物を購入したりトイレを済ませておくこともできます。

藻岩山登山登山口トイレ

藻岩山の慈啓会病院前コース、登山スタート♪

11:00☆いよいよ登山スタートです!

藻岩山登山

登山道はこんな感じ。まずは緩やかな道が続きます。途中に木の階段もあります。山頂に近づくと大きな石がゴロゴロと埋まっている道や階段になります。

藻岩山

11:17☆スキーリフト跡地にて休憩。

11:34☆馬の背に到着、休憩できる木のベンチがあります。

藻岩山登山

藻岩山

この先山頂までちょっと傾斜がきつくなります。もう一息!!

12:10☆山頂に到着!!

休憩2箇所入れて所要時間1時間10分。子どもの年齢によってはもっともっとかかります。娘は結構ヒョイヒョイと登ってきました、私が先にバテたくらい・・・

札幌の景色が一望できます!自分で登ってきたと思うと感動しますね♪

藻岩山山頂

藻岩山登山は山頂がとっても充実!

藻岩山は約1時間で登れるためあっという間です!そして山頂にはロープーウェイや展望台があり、トイレ、着替えスペース、レストラン、ソフトクリーム販売、自動販売機などが完備されています。外も綺麗に整備されているので、お弁当なども食べやすい。ただ、ロープーウェイがあるので観光客も多いです。

レストランは綺麗な雰囲気で、汚れた格好では入りにくいと思いがちですが、なんと登山者向けの割引サービスがあります!スープカレーが条件クリアで20%OFF☆条件とは次のどれかに該当すればOKです!綺麗なレストランなのに登山者OKなのが嬉しい♪

・登山ウェア着用の方
・登山ブーツ着用の方
・登山帽子着用の方
・登山リュックお持ちの方
・ストックをお持ちの方
レストラン前にはソフトクリーム販売も!他にも軽食や焼き菓子などテイクアウトできるコーナーになっています。
スポンサーリンク

 藻岩山の慈啓会病院前コース、下山はあっという間!

山頂での食事と景色をたっぷり満喫したら、下山しましょう~。

下りは40分くらいでしたが、娘がヒョイヒョイおりていってこの時間。もっと小さいお子さんがいたら時間はかかると思います。

登山口には水道もあるので、シューズの泥を落としたり汗を拭いたり。駐車場も目の前なのですぐに車にたどり着けるのも嬉しい。

慈啓会病院前コースは、子どもからお年寄りまで幅広い方が楽しんでいます。体力のあまりない、山ガールデビューしたての私でも、子どもと会話を楽しみながら登れる楽しいコースでした。

週末や山の日はとても混んでいます。小さなお子様がいてゆっくり登りたい方は、平日や時間帯に気をつけるなどするとより楽しめると思います。駐車場も混んでいますので要注意!

藻岩山のトイレ事情、親子登山に嬉しい休憩所あり

登山口や、近くのセイコーマートでトイレを済ませ、山頂にもトイレや着替えルームがあります。

登山口にあるトイレ。

藻岩山登山

山頂の展望台1階にある登山者休憩所。

藻岩山登山

登山者休憩所の中には靴洗い場があったり、

藻岩山登山

着替室は、女子着替え室は、カーペットが敷かれた2畳ほどの部屋になっていました。

藻岩山登山

奥に綺麗なトイレがあります。手前には休憩スペースも。

藻岩山登山

藻岩山登山の行動食、慈啓会病院前コース登山編

1時間ちょっとで登れる山ということで、慣れている方はそんなに行動食(おやつ)も必要はないかもしれません。すぐに口に入れられるような飴やタブレット、チョコレート(暑い日はとけます)、カリカリ梅、ナッツなどを子どもと一緒に食べました。

山頂でのお昼休憩には、レストランもあるし、おにぎり(登山には梅干やこんぶなど塩気のあるものが私は美味しく感じます)や、パンやお弁当、カップラーメンなど。ただし気温が高いと痛むかもしれないので内容には注意が必要です。ソフトクリームなども売っているし、外も綺麗に整備されているので、山頂でのんびりとレジャーシートを広げてピクニックのように過ごせて楽しいです^^

水は必須。500mlを一人2本ずつ用意しましたが、今回は一人1本ずつで足りました。山頂に自販機もあります。

山ガールの服装、藻岩山の慈啓会病院前コース編

藻岩山はスニーカーでも登れ、服装も動きやすく体温調整しやすいものなら大丈夫。肌は露出しないように気をつけます。山は紫外線が強いのでUV対策も忘れずに!

ちなみに私はいつも登山用のもの。汗吸う半袖インナーに、長袖シャツ、キュロット、スパッツ、厚手の靴下、トレッキングシューズ。それに帽子、リュック、首にはタオルを巻き、手袋、ポールもあればらくです。

あと、藻岩山は熊出没情報がちらほらあります。慈啓会病院前コースは人も多いので大丈夫だとは思いますが、基本登山では鈴をつけることをおすすめします。人とすれ違うときにも、人が近づいてきてるんだな~ってわかったりもしますので^^

あとは、天気が良くても、山頂は風が強かったり、汗が冷えて寒くなりやすいので、ウインドブレーカーなどの防寒着を持参することをおすすめします。突然の雨にも対応できます。
私はモンベルで購入した上下をいつもザックに持参。小さくたためます。

◆休憩にさっと取り出せてさっとしまえる便利な一人用のマット!山ガールの先輩が持っていて私も即購入しました^^

◆いつも愛用している子どもも使えるハーブの虫除けスプレー

親子で使える虫除けスプレーは天然成分で安心のパーフェクトポーション!

親子で使える日焼け止めは食品成分でできた肌に優しいマミーでUVケア

トレッキングシューズがあると滑らず足に力を入れやすいので疲れにくいです^^

子どもにも!大事な足を守ろう^^

登りも下りもポールがあると安心!私はモンベルのアルミ製で軽いもの、そしてにぎるところも女性用に小さいサイズを購入。

こちら↓は評判のよかったポールでお手頃価格を発見!

札幌もいわ山ロープーウェイhttp://moiwa.sapporo-dc.co.jp/mountain/index.html

◆他にも登山記録を残しています。いつも登山前にはいろんな方のブログで情報収集させてもらっています。登山には事前情報が大切なので、少しでも参考になると嬉しいです^^

北海道最高峰の旭岳を初心者山ガールが登山、子ども連れでも登れる山

北海道の塩谷丸山は登山初心者や子ども連れにもおすすめ、山ガールの登山記録

札幌手稲山・平和の滝コースを初心者山ガールが登山、山頂には手稲神社の奥宮

登山での山頂コーヒーにおすすめオールインワンの手動ミルで珈琲を楽しもう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. JUNKO より:

    こんにちは、初めて札幌一人旅しました。
    このページ大変参考になります。
    藻岩山登ってよかった!
    また来年も札幌行きます。ページ更新楽しみに見てます。

    • nikkori-yamagirl より:

      JUNKOさん
      初めまして^^コメントありがとうございます!
      藻岩山登られたんですね!札幌を楽しんで頂けてよかったです。また来年も参考にしていただけるように、私も楽しんでブログ更新していきたいと思います^ ^

error: Content is protected !!