札幌白石区おすすめソフトクリームは鬼ソフトと創作豆が美味しい池田食品! | 札幌を遊ぼう!札幌山ガールの登山・神社・カフェ♪お出かけ情報発信サイト

札幌白石区おすすめソフトクリームは鬼ソフトと創作豆が美味しい池田食品!

豆ソフト

札幌市白石区でお豆屋さんを発見!通りすがりに思わず寄ってみました。

「豆に幸せに」と「鬼ソフト」が目を引きます。

豊富な種類の創作豆やかりんとう、とっても美味しかったのでご紹介します^^家でのおやつやおつまみ、手土産、お礼やお祝いの品などにも喜ばれそう!

スポンサーリンク

創作豆 池田食品に行ってみました♪

和風の外観にソフトクリームがアクセントのお豆屋さん、池田食品。

創作豆 池田食品

通りがかりに見つけたお店、どきどきしながら入ってみると、

創作豆 池田食品

まず目に飛び込むのが充実の試食コーナー!

創作豆 池田食品

いろんな種類の創作豆、ナッツ、柿の種、かりんとうなどがありました。これはおつまみやおやつにとっても良い!!卵ボーロやチョコレートなどもありました。

地元石狩圏の生産者と連携するなど、北海道にこだわり素材にこだわっているようです。北海道産のじゃがいもでん粉100%を使った卵ボールも人気のようですが、今では北海道唯一の卵ボーロの製造工場なんだとか。

スポンサーリンク

創作豆 池田食品の鬼ソフト

表にあった鬼ソフトも売っていました!

バニラと少し茶色がかったきな粉ソフトのミックス。

鬼ソフト

きなこのソフトクリーム、美味しいです!あっさりとしていて甘すぎず。カップに入って出てきたときは小さいかな?と思ったけど、食べたらずっしりたっぷり入っていました。

鬼の角はとんがりコーン、こちらも安定の美味しさ笑。

カップのみの販売で350円でした^^

他にも池田食品さんの創作豆は丸井今井さっぽろ本店や、さっぽろ東急百貨店にも入っているようです。白石にあるこちらは工場&直売所のようですが、いつ訪れても店員さんがとても親切!ぜひ訪れてみてください^^

創作豆 池田食品で購入した豆やかりんとう

一番人気は、カシューナッツに北海道産のしょうゆで味付けした「焼カシュー」のようです。

私は二番人気の「わさびカシュー」が気になってので購入。わさびのツーンとくる感じがきつすぎず、しかししっかりわさびを堪能できる大好きな味でした!

創作豆 池田食品

左上のボックスは父の日用のセットになったもの。季節のイベントに合わせて、母の日やこどもの日用のギフトもあるようです。

他にも箱入りのギフトボックスが数種類あり、上品な手土産や、お礼の品、お祝いの贈り物にも良さそうです。お供え用もありました。

種類が多くて迷っていると、店員さんがお茶の試飲を持ってきてくれました。黒豆茶というものを初めて頂きましたが、これがとっても飲みやすくて美味しい!なのでさっそく購入してみた☆

黒豆茶

小分けになっています。だいたいスプーン1杯でお茶1杯。小袋1つで2杯分くらい。

黒豆茶

これを急須にいれてお湯を注ぐだけ。5分くらいしたら黒豆茶の完成です^^

黒豆茶

黒っぽいような茶色っぽいような。黒豆の良い香りがしてきます。黒豆茶はノンカフェインで飲みやすく、健康茶と言われていますが、1日2~3杯くらいまでがおすすめ。

黒豆茶

お茶以外にも、ご飯を炊く時に入れると豆ご飯になったりと、他にも美味しくいただけるようです!ちなみにお茶を入れた後に残った黒豆も、そのままお茶請けとして頂けます^^

黒豆茶

どれも美味しくいただきました!ありがとうございます。節分にはとても込み合うようですが、店員さんが鬼の格好をしていたりもするようです!今回も店員さんが親切に説明してくれたので楽しく買い物ができました。ぜひいろんな味を試してみてくださいね^^

創作豆 池田食品の営業時間や駐車場

店舗となりに広い駐車場がありました。

所在地/札幌市白石区中央1条3丁目32
お問い合わせ/011-811-2211
営業時間/平日・土曜日:10:00~17:15
定休日/日曜・祝日

アクセス/
・国道12号線(中央1条3丁目交差点)を西方向へ折れ50m先の右手。
・南郷通(東札幌3条4丁目交差点)東方向へ折れ450m先の左手。

・地下鉄東西線「東札幌駅」1番出口より徒歩15分

創作豆 池田食品の公式サイトhttp://ikeda-c.co.jp/

◆他にも北海道のおすすめグルメなどをご紹介しています^^

札幌ケーキおすすめはくるみやの日記のシフォンケーキ!札幌グルメ

ドライブデートに八絋学園の人気のソフトクリーム!野菜直売所のある札幌グルメ

北海道グルメおすすめは豆乳ソフトクリームが美味しい当別のつじの蔵

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!