おすすめ珈琲ミルとKINTOでコーヒー豆から淹れるハンドドリップコーヒー! | 札幌を遊ぼう!札幌山ガールの登山・神社・カフェ♪お出かけ情報発信サイト

おすすめ珈琲ミルとKINTOでコーヒー豆から淹れるハンドドリップコーヒー!

KINTOのステンレスフィルターおすすめ!

コーヒー豆から珈琲を淹れたい!でもどうすれば?どんな器具を揃えたらいいの?

ミルは手動?電動?フィルターもいろいろあるし、雑貨屋さんにも可愛い珈琲グッズが並んでいる・・・と最初は戸惑ったものの、淹れてみたらなんて簡単に美味しい珈琲をいただけるんだろう♪とお気に入りの時間に・・・^^

今回は珈琲豆を挽いて淹れるのにお気に入りグッズを手順を追ってご紹介してみたいと思います!

スポンサーリンク

コーヒー豆を挽くなら手動ミル?電動ミル?

手動ミルで珈琲豆から淹れる楽しみ♪

好きなお店のコーヒー豆を買って、家で楽しむために購入したハンドミル。

ミルには手動ミルと電動ミルがありますが、

私なりの手動ミルのメリットは、
ゆっくりと挽くことで豆の香りを楽しめる、コンパクト。
デメリットは、量が多いと挽くのが大変、時間がかかる。

電動ミルのメリットは、早く挽ける、量が多くても楽に挽ける。
デメリットは、電源コードが必要、音が大きい。

私の場合は、たいてい1~2杯分を淹れるだけなので、
今回は手動ミルを購入してみました。

忙しい朝に手動で挽いている時間なんてない!とも思いましたが、
1~2杯分ならそんなに時間もかからずに挽けました。
場所もとらないし、なんと言っても挽いている時の香りがたまりません^^
とっても重宝しています。

挽いた後はミル用のブラシで、ミルに残った豆をささっと落とします。

スポンサーリンク

KINTOのステンレスフィルターで珈琲を淹れる!

コーヒー豆を挽いたら、次はフィルターで落とします。

今までずっと紙のフィルターで珈琲を落としていましたが、
せっかくコーヒー豆から挽くようになったので、
ステンレスのフィルターを購入してみました^^

ステンレスフィルターは、紙フィルターでは取り除かれてしまう
香りやオイルが残っているというもの。
確かに珈琲の表面にオイルが浮かびます!

今回選んだのはKINTOのステンレスフィルター。
お店で見てそのフォルムに一目ぼれ☆

KINTO カラフェ ステンレス

大きさは2種類あります。300mlと600ml
1~2杯分なら300mlで足りそうですが、私は600mlを購入。

KINTO カラフェ ステンレス

手順1.ガラスにフィルターをセッティング。

KINTO カラフェ ステンレス

2.挽いたコーヒー豆をフィルターに入れて、お湯をゆっくりと注ぎます。
できるだけお湯は細~く、豆全体に行き渡るように注ぎます。

KINTO カラフェ ステンレス

↑お湯を注いだところ。泡がふくふくと膨らんできます^^

KINTO カラフェ ステンレス

3.珈琲を落としたら、カップに注いで、めしあがれ♪

KINTO カラフェ ステンレス

ステンレスフィルターの特徴として、珈琲の細かい粉が沈殿します。
ここは残します。

4.お手入れ

KINTOのステンレスフィルターは、
通常通り食器を洗うようにさっと洗えばきれいになります。

ガラス部分も、つなぎ目や部品がないのでさっと洗いやすいです。

KINTO カラフェ ステンレス

今気になっているのは、東京・京都で展開中のカフェ
「BLUE BOTTLE COFFE」の珈琲豆☆

日常のちょっとした小さな幸せですが、心にはとっても大きな栄養になりますね!
そんな幸せタイムが 増えますように・・・☆

◆登山やキャンプに♪アウトドア用のコーヒーミルはalocsを愛用中^^
登山おすすめコーヒー手動ミルはオールインワンのカフラーノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!